• WTMHTC0S15JGRD165c1907
  • WTMHTC0S15JGRD165c1907
  • WTMHTC0S15JGRD165c1907
  • WTMHTC0S15JGRD165c1907
  • WTMHTC0S15JGRD165c1907
  • WTMHTC0S15JGRD165c1907
販売価格(税別)
在庫状態
売切れ
売切れ

OH済!WALTHAM Grade 165 ウォルサム ハンターケース 懐中時計 0s 15J 1907年

小型で、美麗なハンターケース。女性にも扱いやすく。

『懐中時計ってとっても綺麗だけど、何だか重そうで…。』
…これは、店長が実際に女性のお客さまから頂いた言葉です(笑)。

きっと、当時の女性も同じことを考えたのではないでしょうか。
19世紀後半、アメリカ懐中は18sという大きなサイズで登場しましたが、150gに迫る重さは、まるでスマートフォン並の重さでした。

きっと当時の女性にも重くて持ち運べないと感じたに違いありません。
時計が持ち運べるのは便利だけれど、懐中時計は男性の持つもの。
そう感じたとしても、何ら不思議ではありません。

しかし、懐中時計が進化して行く過程の中で、やがて小さなサイズの懐中時計が登場します。
0sという最小クラスの懐中時計です。

小さく美しいケースに十分な性能を与えました。

ただ、小さなサイズの懐中時計には、あまり豪華なムーブメントが搭載されることはありませんでした。
サイズを小さくした分、時計のムーブメントを二の次にしてしまった懐中時計が多いのです。

しかし、このウォルサムは違います。

一般的に、十分な精度が得られるとされる15石のルビーを軸受けに採用。
高い精度を誇り、ムーブメントの美しさにも大きく貢献しています。

ケースはお花模様を基調とするフラワーモチーフデザイン。
まるで、ケースの底面から波が打ちつけたような模様が描かれ、波の中央に花が浮かんでいるようなユニークなデザインです。

腕時計くらいの小さなサイズの文字盤にしっかりと秒針を配置。
アラビア数字の文字盤は、視認性も申し分ありません。
ポーセレンという陶器で作られた文字盤はヒビ割れなどのダメージが一切なく、コンディションは良好。

小さくても、そこに一切の妥協はありません。

美しい金張りケースをもっと身近に持ち歩く。

この懐中時計は、当店と取引のあるウォッチメーカーからの買い付け品。
機械は海外でオーバーホールを受けており、動作状態は良好です。
平置き状態での日差は数秒程度。殆ど誤差はありません。

そして、驚くべきはその駆動時間で、フルに捲いた状態から平置きで何と52.5時間もの間連続動作しました。
一般的なアンティーク懐中時計は24時間以上動作すれば良好とされますが、この小型のウォルサムは、
丸二日間以上も動作したのです。まさに驚異的といえます。

このケースは金張りといって、薄い金メッキと違い厚手の金が真鍮素材の上から張り合わせた大変美しい仕上げです。

ケースのコンディションも申し分なく、細かい模様の1つ1つに至るまで、鮮明に残されています。
アクセサリーとして、時計として、手軽に身に纏うことのできるアンティーク懐中。

腕時計とはまた違った魅力を是非お試しください。

【サイズ】
サイズ:0s
横幅:36.5mm
高さ:47.0mm(クラウン含む。リングを含めると51.0mm)
厚み:11.5mm
重さ:42.3g
追加写真:こちらに追加写真を多数掲載中です!