• WTMEX16S21JCresSt1915
  • WTMEX16S21JCresSt1915
  • WTMEX16S21JCresSt1915
  • WTMEX16S21JCresSt1915
  • WTMEX16S21JCresSt1915
  • WTMEX16S21JCresSt1915
販売価格(税別)
在庫状態
売切れ
売切れ

国内OH済!WALTHAM Crescent St. スケルトン 鉄道懐中時計 16s 21J 1915年

シーンを選ばずお使い頂けるハイグレード


上品に魅せる100年時計。ウォルサム Crescent St. 16s 21J 1915年製

2014年11月に国内でオーバーホールを受けたばかり。安心の一年保証付きです。

ケースはとても上品なアールデコ調のシルバーカラーケース。
イリノイのスパルタンなどと同じ、ハーフマットなクローム系のメタルケースです。
ボウ・ステムにこそ僅かな擦れがあるものの、特筆するほどのダメージはなく、素晴らしいコンディション。

ガラスもこのクラスに相応しいカット面のエッジも綺麗な厚手の風防が装着されています。
透明度も素晴らしく、綺麗なガラスです。

このスケルトンケースは、懐中時計のセールスマンがそのムーブメントの美しさを宣伝する目的で、ごく少量作られた特別なもの。
一般的なアンティーク懐中時計に比べて流通量が少ない稀少品です。懐中時計の美しさを存分に堪能することができます。

文字盤は陶製(ポーセレン)製のダブルサンクダイアル。ほぼパーフェクトと言って良いレベルの美しさです。
針やインデックスの状態も申し分ありません。

スケルトンが魅せる!

この懐中時計の魅力は、やはりムーブメントかも知れません。
オープンフェイスの使いやすさ、鉄道懐中時計の高精度と、煌びやかなムーブメント。
これこそがスケルトン懐中時計の魅力と言えるでしょう。

21石仕様のCrescent St.ムーブメントはウォルサムらしくとっても上品な仕上げ。
緩急針は、Ohlson 1908という、クエスチョンマークに似たスワンネックタイプのレギュレーターが装着されています。
これは、1908年にOlof Ohlsonによって開発されたレギュレーターで、ウォルサムが特許を取得しているデザインです。

ハイエンドに相応しく、テンプの宝石にはダイアモンドが使われた魅力あるムーブメント。
国内オーバーホール済みで、安心の1年保証付きです。

【サイズ】
横幅:49.5mm
高さ:53.5mm(クラウン含む。リングを含めると61mm)
厚み:15.8mm
重さ:83.4g
追加画像:
こちらに
大きなサイズの追加画像を多数用意しましたので、ご覧下さい♪