• SBOPN407YGF24HOUR12S15J1921
  • SBOPN407YGF24HOUR12S15J1921
  • SBOPN407YGF24HOUR12S15J1921
  • SBOPN407YGF24HOUR12S15J1921
  • SBOPN407YGF24HOUR12S15J1921
  • SBOPN407YGF24HOUR12S15J1921
  • SBOPN407YGF24HOUR12S15J1921
販売価格(税別)
在庫状態
売切れ
売切れ

South Bend 407 Y.G.F. サウスベンド 24Hダイアル 懐中時計 12s 15J 1921年

珍しい24Hダイアルはいかが?サウスベンドの美しいオープンフェイス。

サウスベンド Y.G.F. オープンフェイス懐中時計 1921年製。
マットなライトベージュの文字盤が美しいサウスベンドのオープンフェイス。

これは、稀少なサウスベンドの中でも、特に珍しい24時間ダイアル。
ローマ数字の上品なダイアルでありながら、内側に記されたアラビア数字のインデックスが
実にバランス良く配置され、小さな文字盤をうまく纏めていることが分かります。
ブレゲ針との組み合わせも良好ですね。

文字盤は腐食も殆ど見られず、ベゼルの開閉に伴う僅かな擦れがある程度。
100年近く前のお品物ですが、これは綺麗にお使い頂いていたと思います。

ケースは20年保証のゴールドフィル仕様。背面中央付近に小さなスクラッチ疵があるものの、
それほど目立つほどでもなく、全般良い状態です。

12サイズでは珍しいスクリューベゼル仕様。ベゼルの開閉は非常にスムーズです。
普段あまりケースを開けて欲しくはないのですが、たまにムーブメントを眺めてみたい!
という方には最適かも知れませんね。

ボウはΩ型かつ、角張った珍しい形。このデザインとは良くマッチしていると思います。
クラウンはパンプキンオニオンヘッドのオーソドックスな形。
擦り減りも少なく、しっかりと摘むことができ、扱いやすいと思います。

カッチリ目のファッションを好む方に最適。

今回もなかなか素晴らしいサウスベンドが入荷されました。
前回のアールデコスタイルと悩むところですね。ちょっと太めのボールド調インデックスは、
この書体がツボという方にはとても愛らしく映るのではないでしょうか?

この懐中時計であれば、英国調の比較的カッチリとしたファッションを好まれる男性や、
女性の方がお持ちになっても良いと思います。

24時間仕様の文字盤はありそうで実はバランスの良いデザインのものは多くはありません。
保存状態も良好なお品物なので、良い懐中時計だと思います。

グレードは407。15石。一目でサウスベンドだと分かる伸びやかなブリッジと見事なウェーブ調
のジュネーブ波形で仕上げられた大変美しいムーブメントです。
米国の懐中時計メーカーでは比較的規模の小さなサウスベンドですが、丁寧な仕事をしている
と思います。

平置きの日差は10-15秒程度。リザーブは30時間程度です。いずれも問題は無い範囲でしょう。

綺麗なお品物を確保するのが難しいサウスベンド。当店オススメのお品物です。

【サイズ】
横幅:45.3mm
高さ:54.4mm(クラウン含む。ボウを含めると57.5mm)
厚み:12.2mm
重さ:61.5g
追加写真:こちらに追加写真を多数掲載中です!