就職祝いに懐中時計??

こんばんは。
新店長です。

先週、とある百貨店に行き、腕時計のコーナーに寄ろうかと
立ち止まったところ、そこで腕時計を眺めている
お歳を召した夫婦の会話が聞こえてきました。

「○○ちゃん、もう今年就職だわよね」
「腕時計でも、就職祝いに贈ろうかな」
「いいわねえ、こんな感じなの○○ちゃんに似合いそうじゃない?」

○○ちゃんというのは、就職を控えたお孫さんか親戚の男性だと思われます。

「就職祝い」などという言葉は、私にとってみたらはるか昔のこと。
現在でもそのような習慣があるのだとは思うのですが、
腕時計を就職祝いにいただける青年はさぞかし幸せだろうと感じます

一方で、懐中時計店の店長としては、そのご夫婦の会話に割って入り、

「腕時計もいいですが、就職祝いにアンティークな
懐中時計を贈られてみたらいかがですか?」

と言いたい思いがしました(笑)。

気が付けばもう3月。
そろそろ進学、就職、昇進の季節ですね

そんな方々のために腕時計よりも遥かに趣きのある、
アンティークな懐中時計を贈られてみてはいかがでしょうか?(笑)

 

4731388c430ea6f9ef42a74765bbaaff_s