オリジナルの銀無垢チェーンの販売を開始いたします♪

こんにちは。店長です

この前、少しだけ予告したのですが、実は昨年末からオリジナルの銀無垢チェーンを開発しておりました

2015年に入って、実はドロップ付のチェーンが入荷できなくなっておりまして、当店でも銀無垢チェーンと金張りチェーンの
ドロップ付モデルはラインナップから外れています

加えて、為替の影響もあり、これらハイグレードなチェーンは価格が上昇し、ややお求め難い状況にありました。
そこで、需要の多い銀無垢チェーンを当店オリジナルとして製作できないかな?と考えていたのです

実現するまでに、半年以上掛かりましたが、本日より当店オリジナル銀無垢チェーンの販売を開始致します。
Cocoon Watch オリジナル銀無垢チェーン Oリングモデル
Cocoon Watch オリジナル銀無垢チェーン Tバーモデル
Cocoon Watch オリジナル銀無垢チェーン Oリング&ドロップ付モデル
Cocoon Watch オリジナル銀無垢チェーン Tバー&ドロップ付モデル

実は、Oリングモデルに関しては3月には完成したのですが、Tバーが予想以上に難航しました(笑)

Tバーって、この懐中時計のチェーン用に35mmを超えるサイズのものは国内での調達が難しく、殆ど見かけません。
殆どがブレスレット用の20mm以下のものばかり・・・。
また、海外のチェーンを扱うメーカーでも金具だけを安定的に仕入れるのは困難なのです。

・・・そこで、何と宝飾メーカーに依頼して、今回はTバーを金型から作ってしまいました。

このTバー製作が非常に難航しまして、完成までに4カ月も掛かったのです
僕はてっきり、たい焼きの要領で、金型に銀を流し込んでパコっと抜くだけかと思いきや、さにあらず。

今回製作したTバーは、バーの部分と、真ん中の金具の部分を別々に製作して、1本ずつ研磨し、ロウ付けしています。
研磨と言っても、クリーニングクロスでちょっと磨くようなレベルではありません。

元のサイズよりも二回りほど大きく作っておいて、磨いてこのサイズにまで小さくなるのです。
しかも、丸いバーなので、コロコロ転がってしまい研磨が非常に難しい。
だからと言って、強く固定すると銀なので傷だらけになる・・・。

『お願いだから、今回は四角い棒のTバーにしないか?』と何度言われたことか・・・(笑)。

もちろんダメです。頑としてダメ!

そこはこのチェーンのキモですから、丸い棒を使ったTバーをどうしても用意する必要がありました。
何度も製造工場と交渉して、今回ようやく納得の行くものを作ることができたのです。

一方、Oリングモデルも従来のOリングに比べ、ぐっと艶っぽい華やかな金具を採用しました。
従来のメーカー製Oリングよりも高価なものを使用しており、見た目にもとても良い印象です。

公開するまでにずい分と時間を要しましたが、納得の行くレベルのものができたかなと思います。

そして、何より国内製で作ったから、輸入の輸送費や関税が掛からない分、価格を抑えられたことです。
今回4つのモデルを同時に販売しましたが、従来よりも5,000円程度お求めやすくなっています。

ダイアモンドカットが施された美しいスターリングシルバーチェーン。品質を高めつつ、コストを抑えています。
もし、銀無垢チェーンをお求めになる際は是非チェックして頂ければと思います