• ILLOPNLINCOLN12S19J1922
  • ILLOPNLINCOLN12S19J1922
  • ILLOPNLINCOLN12S19J1922
  • ILLOPNLINCOLN12S19J1922
  • ILLOPNLINCOLN12S19J1922
  • ILLOPNLINCOLN12S19J1922
  • ILLOPNLINCOLN12S19J1922
販売価格(税別)
在庫状態
売切れ
売切れ

OH済み!ILLINOIS A.Lincoln イリノイ A.リンカーン 懐中時計 12s 19J 1922年

稀少なA.Lincoln。上品な金色ハイエンドモデル。

Illinois A.Lincoln イリノイ リンカーン 懐中時計 1922年製。
キュビスト針が愛らしい、気品溢れる金色のオープンフェイス。

第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンを名乗るこのグレード。
ところで、なぜリンカーンというラインがあるのだろうと思った方も多いのではないでしょうか?

19世紀中期。イリノイが、The Illinois Springfield Watch Companyという名前で創設された当初。
当時、取締役の一人であった、ジョン・ステュアート(John Stuart)は、この会社の弁護士でした。
彼は、リンカーン大統領の元パートナーでもあったのです。

当時、懐中時計のシリーズ銘には、こうした取締役などのキーパーソンから名前を取ることが多くありました。
ジョンと当時ゆかりの深かったリンカーンの名がシリーズ銘に採用されたのは自然な流れだったのでしょう。

美しく煌めく文字盤は半光沢のヘアライン加工が施された美麗なもの。インデックスはレイズゴールド。

そして何より目を引くのが三針ともに正方形の形が愛らしいキュビスト針。
金色の針は傷んでボロボロのものがおおいのですが、これはほぼパーフェクト。
ダメージも見られず、見事なコンディション。

また、文字盤自体の傷みも少なく、全般良いコンディションです。

風防はガラス。縁が薄いタイプの綺麗なラインを持ったロードームガラス。
特にチップやスクラッチ傷も見られず、綺麗なものが装着されています。

愛を贈った魅惑のケース。

ケースサイドは細長いリーフ(葉)をクロス状に並べた手の込んだデザイン。
そのまま、ボウ&ステムの首の部分までギッシリと彫金処理が施されています。

ボウも扇を開いたような綺麗な形。クラウンも含め、このケース専用モデルですね。
ボウは硬さも十分。クラウンの状態も申し分ありません。

背面もリーフ調の綺麗なエングレーブが広がったデザイン。
敢えて光沢感を抑えて撮影していますが、Wadsworthの25年保証ケースは輝きも十分。
スクラッチやデントの類いも見られず、文字盤同様、大変美しいケースです。

薄手の背面蓋を開けると、ムーブメントを保護する防塵蓋に愛のメッセージ。

チャックへ。マリーより。1924年

シンプルにそう書かれたメッセージは、この時計が大切な贈り物であったことを示すもの。
恋人同士か、ご夫婦の間で大切な記念に贈られたのではないでしょうか。

良く見ると、このケースは透かし彫りが蓋の周囲に入っています。
A.Lincolnが示す通り、このケースもまたリンカーンモデル専用のケースなのです。

ハイエンド19石のリンカーンムーブメント

グレード A.Lincolnは、イリノイのBunn SpecialやBurlingtonなどと並んで、ハイエンドに位置する
イリノイの高級グレード。

12sと比較的コンパクトなサイズでありながら、とても贅沢な作りのムーブメント。
中央には大きなゴールドシャトンで覆われたルビー。角孔車は同じくシャトン留めされたモーターバレル。
そして、中央にはゴールドトレイン、マイクロレギュレーター、5姿勢制御。

まるで鉄道懐中時計並に豪華な仕様のムーブメントは見た目も美しい。
大型の懐中時計はちょっと重い。…でもハイグレードな懐中時計が欲しい!

そんな要望を叶えるムーブメントと言えそうですね。

こちらの商品は国内で丁寧にオーバーホールを受けています。精度は良好です。
当店の1年保証が付帯しており、安心してお求め頂けます。

【サイズ】
横幅:44.0mm
高さ:52.5mm(クラウン含む。ボウを含めると56.0mm)
厚み:9.2mm
重さ:50.8g
追加写真:こちらに追加写真を多数掲載中です!