• ILLOPNBURSP16s21J1923
  • ILLOPNBURSP16s21J1923
  • ILLOPNBURSP16s21J1923
  • ILLOPNBURSP16s21J1923
  • ILLOPNBURSP16s21J1923
  • ILLOPNBURSP16s21J1923
  • ILLOPNBURSP16s21J1923
販売価格(税別)
在庫状態
売切れ
売切れ

OH済み!ILLINOIS Burlington イリノイ バーリントン 鉄道懐中時計 16s 21J 1923年

人気のBurlingtonハイエンド懐中時計が入荷されました♪

イリノイ バーリントン ハイエンド 鉄道懐中時計 1923年製。
ヴァンスペシャルと並んで人気の高いイリノイの鉄道懐中時計。
プライベートブランドでもあるBurlington。

バーリントンは、イリノイでも最もメジャーなプライベートブランド。
鉄道クラスの高級懐中時計にのみ名乗ることが許された孤高のブランド銘でした。

今回はモンゴメリダイアルに美しくも力強いスイングアウトケースの組み合わせ。
シンプルでありながら、どこまでも魅力的なバーリントン懐中時計。

力強く・飽きの来ないシンプルなデザインは普段使いはもちろん、フォーマルにも最適。
精度も素晴らしく、頼りになる懐中時計と言えるでしょう。

ボウ&ステムのデザインもゴツさは無いのにしなやかで力強いもの。
チェーンを付けて使っても魅力的に映ることでしょう。

21石。ハイエンドを身近に。

ケースは前面のスクリューベゼルのみが外れるスイングアウトケース。
スイングアウトケースを毛嫌いする方もたまにいらっしゃいますね(笑)。
しかし、スイングアウトケースは、堅牢さにおいて他を圧倒しています。

裏蓋が無い。たったそれだけの事実で、不用意に埃が入って来る心配も殆ど無し。
防水でこそありませんが、無駄な湿気が入り込む可能性も最大限排除します。
ケースの堅牢さ、ムーブメントを最大限保護するという観点では、理想的なケースです。

加えて、一度慣れてしまえばムーブメントをたまに眺めるのも楽なのがこのケースの特徴。

やり方は簡単です。まず、時刻合わせの要領で、リューズをパチン!と引く。
そして、6時下の溝に爪を掛けて静かにムーブメントを引き上げる。
静かに全体を持ち上げると、美しい21石のブリッジプレートがその姿を現します。

唯一の注意点は、ムーブメントを見る際に、文字盤や針には絶対に触れないこと。
たったこれだけです。

ムーブメントの周囲、金色枠はムーブメントを固定するフレーム。ここは触れても大丈夫。
一度慣れてしまえば、案外楽な扱いのケースだと分かる筈です。

スワンネックマイクロレギュレーター、贅沢に2~4番まで採用されたゴールドトレイン。
ビス留めのゴールドシャトン、ダブルローラーなど、正真正銘のハイエンド。

ヴァンスペシャルやサンガモとはまた違った魅力のハイエンド。バーリントン懐中時計。
是非、あなたのコレクションに加えてみてください。

この商品は、海外でオーバーホールを受けています。
24時間以上駆動しても平置きで日差は数秒程度。
パワーリザーブは平置きで約43.5時間でした。動作状態は全く申し分ありません。

【サイズ】
横幅:50.5mm
高さ:61.2mm(クラウン含む。ボウを含めると67.0mm)
厚み:14.0mm
重さ:93.5g
追加写真:こちらに追加写真を多数掲載中です!