• HDNOPN16S21JWmMcKinley1906
  • HDNOPN16S21JWmMcKinley1906
  • HDNOPN16S21JWmMcKinley1906
  • HDNOPN16S21JWmMcKinley1906
  • HDNOPN16S21JWmMcKinley1906
定価(税別)
販売価格(税別)
在庫状態
売切れ
売切れ

HAMPDEN Wm. McKinley ハンプデン マッキンリー 鉄道懐中時計 YGF. 16s 21J 1906年

艶やかに・美しく・力強く。Hampden McKinley

Hampden McKinley ハンプデン マッキンリー 鉄道懐中時計 1906年製。

愛らしいフェイスデザイン。
鉄道懐中という堅苦しい枠にありつつも、しっかり個性を主張する。美しく個性的なマッキンリー。

16sにしては比較的小振りで、扱いやすいサイズ。
同じアメリカ製の鉄道懐中でも、エルジンやハミルトン、ウォルサムといったメーカーのフェイスとはちょっと異なり独特の個性を主張しているのがハンプデンの魅力です。

McKinley(マッキンリー)は、ハンプデンのハイエンドグレードに相応しく、単に愛らしい表情ばかりではなく、丁寧な作りが魅力な懐中時計。

ハンプデンには様々なインデックスのタイプが存在しますが、一番ハンプデンらしさを愉しめるのが、この丸味を帯びたインデックスデザインでしょう。

文字盤にはごく僅かなダメージこそあるものの、このデザインの文字盤は数が少なく、良好なコンディションのものは本当に限られています。

21石仕様のマッキンリーモデルもあまり流通が無いため、このフェイス、ムーブメントにピン!と来た方には是非チェックして頂きたいモデルです。

本物の価値が分かる方に持って頂きたい。

懐中時計に馴染みの無い方には、ハンプデンをご存知無い方もいらっしゃるかも知れません。
ハンプデンはアメリカを代表する懐中時計メーカーの1つであり、いち早く21石仕様の懐中時計を世に送り出した優れたメーカーです。

ウォルサムや、ハミルトン、エルジンなどのように現存するメーカーと違って、認知度では見劣りして見えますが(※実際にはデューバーが買収し現存している)
文字盤の素晴らしいデザイン、ムーブメントの華やかさ、ケースの端整なデザインいずれを取っても、素晴らしいメーカーといえます。

銘に惑わされることなく、そのデザインや中身の価値を理解できる方に是非手にして頂きたい懐中時計です。

鉄道懐中時計というと、少し肩肘を張ったカッチリカッチリとした印象を受けますがハンプデンはもっとカジュアルな印象です。
スーツ姿に合わせても良いですし、カジュアルな装いでも無難に合わせることができるでしょう。

ハンプデンの個性的なデザインは嫌味がなく、現代のファッションにも良くマッチするデザインと言えます。

こちらの懐中時計は現状動作品です。平置きで日差は数秒~10秒程度。
パワーリザーブは平置きで約33時間です。精度は良好かと思われます。

【サイズ】
横幅:49.0mm
高さ:59.3mm(クラウン含む。リングを含めると64.0mm)
厚み:13.0mm
重さ:85.6g
追加写真:こちらに追加写真を多数掲載しております。