• HAMOPN99216S21J1914
  • HAMOPN99216S21J1914
  • HAMOPN99216S21J1914
  • HAMOPN99216S21J1914
  • HAMOPN99216S21J1914
  • HAMOPN99216S21J1914
  • HAMOPN99216S21J1914
  • HAMOPN99216S21J1914
  • HAMOPN99216S21J1914
  • HAMOPN99216S21J1914
販売価格(税別)
¥130,000
在庫状態
在庫有り
数量

【稀少】HAMILTON ハミルトン ランカスター 992 オープンフェイス懐中時計 16s 21J 1914年製

稀少価値あるハミルトン ランカスター 992 ファーストモデル

HAMILTON ハミルトン ランカスター 992  オープンフェイス懐中時計 16s 21J 1914年製

落ち着いた表情をした中にも、しっかりとした存在感ある出で立ち

ハミルトンの992は、ファーストモデルが1903年に登場し、その後何度かのマイナーチェンジを行い、1970年くらいまで製造された大変息の長いモデルです。

ハミルトン992のファーストモデルは1903~1914年に製造されていたので、この一品はファーストモデルの末期のものでしょう。ハミルトン 992のファーストモデルは、あまり数量的に出回っていないと言われていて、非常に希少価値の高いモデルです。

ずっしりとした威厳のある銀色のケース

裏蓋の内側には、“ORESILVER”と刻印があります。
これは、ニッケル・銅等の金属の合金で、銀色のケースをしていますが銀とは別物になります。

銀の偽物というわけではなく、もともとこのような耐久性のある金属として、当時の懐中時計などに良く一般的に使われていた素材の1つなのです。耐久性が良くて変色もせず、重厚な光り方をすることとズシリとした重さがあるのも特徴です。
丈夫な金属ですので、100年近く経った現代でも素晴らしい鏡のような艶のあるコンディションのケースだと思います。

ポーセリン製で高級仕様の文字盤

文字盤は、ポーセリン製で高級仕様のダブルサンクダイヤル。
筆記体で’HAMILTON’ と刻まれたシンプルな顔立ち。

深いブルースチールのスペード針がすっきりとした文字盤を際立たせます。
ヘアーライン、チップはみられません。

美しいウロコ状のムーブメントデザイン

992のファーストモデルは、ムーブメントの美しい装飾デザインが魅力的で、受け板がウロコ状の華麗なデザインになっているのが特徴です。
この豪華な作りのムーブメントは、光の当たり方によって様々な表情を楽しむことができます。

ムーブメントを眺める好きなあなたには、目の前の光り輝く懐中時計が、軽快に奏でるカチカチ音とともにたまらない文化的遺産に映ることでしょう。

保存状態が大変良く、ムーブメントの錆びつきもほとんど見られませんので素晴らしい状態かと思います。
レバーセット、ステムワインドです。巻上げ・時刻設定ともにに全く問題はありません。

すでに海外でOHを受けていて、動作状態は良好です。

こちらの時計は現状動作品です。平置きでの日差は20秒程度でした。
パワーリザーブも52時間程度あります。十分すぎますね。

【サイズ】
横幅:50.5mm
高さ:56mm(クラウン含む。リングを含めると73.5mm)
厚み:17mm
重さ:114g
追加写真:
こちらに追加写真を多数掲載しております。