• HAMOPN950BRR16S23J1955
  • HAMOPN950BRR16S23J1955
  • HAMOPN950BRR16S23J1955
  • HAMOPN950BRR16S23J1955
  • HAMOPN950BRR16S23J1955
販売価格(税別)
¥250,000
在庫状態
在庫有り
数量

レア!HAMILTON ハミルトン 950B B.O.C. YGF 鉄道懐中時計 16s 23J 1955年

ハミルトンもう一つの雄。端整な950Bモデル。

HAMILTON ハミルトン ランカスター 950B 鉄道懐中時計 23石 1955年製。

丸味を帯びたゴシック調の文字盤。出来の良い優等生の顔つき。
ハミルトンが誇る最高峰のもう一つの顔。それがこの950Bというグレード。

同じ950の名を冠しながらも、950無印とはちょっと異なる丸味を帯びたデザインの950Bムーブメントが魅力です。

今回は、ハミルトンでも人気のあるB.O.C.(Bar Over Crown)モデル。
ハミルトンの鉄道懐中時計で真っ先に思い浮かぶケースデザインです。
全般、非常にダメージの少ないミントコンディション。

BOCモデルでは珍しく、ボウの部分もカッチリとしていますし、ベゼルの回転も、文字盤側・ムーブメント側共にスムーズです。

文字盤は、この年代では一般的なメラミン製。
陶製の文字盤ではないと敬遠する方もいるのでしょうが、それは早計というもの。

メラミン文字盤は、陶製に比べてハーフマットな落ち着いた仕上がりが魅力。
角度に拠らず、視認性がとても良いのです。

加えて、メラミン文字盤は経年で割れているものが多い中、この950Bの文字盤はほぼ完璧と言ってよい保存状態を保っています。

これは非常に非常に大切なポイント。
メラミン文字盤が割れていなかったということは、それだけこの懐中時計が良い状態で長期間保存されていたことを意味するからです。

つまり、割れていないメラミン文字盤を今持っているということは、それだけ稀少価値が高いということであります。

写真画像でも分かる通り、この文字盤は非常に綺麗だと思いませんか?
メラミン製は陶製に比べて品質的に劣っているというほど単純ではありません。

むしろ、この文字盤だからこそできた、サブセコンドを大胆に大きく確保したデザインはレトロでありながらどこか都会的。

移りゆく時代の中で、都会的なハミルトンへと変遷して行く姿を感じて頂ける鉄道懐中時計。それがこの950Bと言うモデルなのです。

比類なき美しさ。妥協せぬハミルトンの意地。

ムーブメントはハミルトンの最高峰。23石の950Bグレード。
無印の950とはややレイアウトを異にするも、ムーブメントの中央を、まるで人差し指のように柔らかく伸びるブリッジムーブメントはまさに950の顔。

この時代、多くの懐中時計が腕時計に変わっていく中で、懐中時計の美しいムーブメントはどんどん簡素化されていました。
同年代のウォルサムやエルジンハミルトン自身も全盛期に比べシンプルなデザインのムーブメントへと移行する中、この950Bというムーブメントは意匠を変えつつも随所に手の込んだ手間の掛かるデザインを採用しています。

5姿勢から6姿勢へと更に進化した高度な姿勢制御。
美しい外観はそのままに、贅肉を削ぎ落として磨きを掛けたムーブメントは当時ハミルトンがこの時計に掛けた意地があったのではないでしょうか。

こちらのお品物は現状動作品ですが、テンプの振れも綺麗で力強く、平置きの日差は殆どありません。
リザーブは現在計測中ですが、36時間を超えて快適に継続動作中なので、リザーブも全く問題無いでしょう。

この950Bモデルがこれだけ良い状態で入荷できることは極めて稀です。
当店でも950Bは初入荷となります。今後の入荷予定も当面はありません。
この素晴らしい価値が分かり、一生モノとして大切に扱っていただける方に是非お持ち頂きたい至高のお品物です。

【サイズ】
横幅:50.5mm
高さ:53.0mm(クラウン含む。ボウを含めると61.5mm)
厚み:14.2mm
重さ:101.3g
追加写真:こちらに追加写真を多数掲載しております。