• EGNOPNSOPHISTI12s21J1938
  • EGNOPNSOPHISTI12s21J1938
  • EGNOPNSOPHISTI12s21J1938
  • EGNOPNSOPHISTI12s21J1938
販売価格(税別)
在庫状態
売切れ
売切れ

ELGIN Sophisticated Openface エルジン 懐中時計 12s 21J 1938年

洗練された都会的なオープンフェイス

ELGIN Sophisticated Openface エルジン 12s 21J 1938年。
アールデコからモダンなフェイスへ移行しつつある頃の代表的なエルジンのオープンフェイス懐中です。

サイズは12s。薄型で、普段使いにも最適なサイズ。ガラス風防(NOS品)。傷は全くありません。

フェイスはマットなシャンパンゴールド仕上げ。
経年によるごく僅かなダメージはあるものの、良好なコンディション。インデックスは立体のレイズゴールド仕上げ。針もイエローゴールド。いずれも、ダメージが少なく、とても良い保存状態を維持しています。

ほんのりと甘さを残したフェイスデザイン

このデザインのエルジン懐中は、40年代のDe Luxeに比べると、モダンな形へ移行しつつも、インデックスや針のデザインに仄かな甘さを残しているのが特徴です。

アールデコ懐中や、彫金の見事なハンターケースも素敵ですが、普段使いにはちょっと派手かな?と感じている方。こちらのエルジンは薄手でデザインの主張も控えめですが、普段使いには最適です。

金色で品良く纏められたフェイスは嫌味が無く、持つ人のセンスの良さを感じさせるデザインと言えるでしょう。

21石。精度も良好な高品位ムーブメント

ムーブメントはこのクラスには珍しい21石仕様の高級ムーブメント。

グレード498。この498というグレードは、1933~40年にかけて、僅か5,000個しか作られなかったもので、現存するものはそう多くはありません。

このムーブメントは大変状態が良く、平置きの日差は10秒程度と精度も良好です。パワーリザーブも32時間程度あり駆動時間も申し分ありません。普段見ることの無いムーブメントもこれだけ艶やかな状態であるならとても安心だと思います。

【サイズ】
サイズ:12s
横幅:45.5mm
高さ:50.3mm(クラウン含む。ボウを含めると55.0mm)
厚み:10.5mm
重さ:53.1g
追加写真:こちらに、追加写真を多数掲載しております。

You may also like