• EGNOPN12S17JWGF1933TONY
  • EGNOPN12S17JWGF1933TONY
  • EGNOPN12S17JWGF1933TONY
  • EGNOPN12S17JWGF1933TONY
  • EGNOPN12S17JWGF1933TONY
  • EGNOPN12S17JWGF1933TONY
  • EGNOPN12S17JWGF1933TONY
  • EGNOPN12S17JWGF1933TONY
販売価格(税別)
在庫状態
売切れ
売切れ

ELGIN トニーへ贈るアールデコ。 懐中時計 WGF 12s 17J 1933年

40年間の感謝を込めて贈ります。

ELGIN Grade 345 エルジン アールデコ オープンフェイス 懐中時計 1933年。
知的で当時のエルジンらしさが漂うこの文字盤デザイン。ダメージの極めて少ないアールデコケース。

エルジンのアールデコ懐中時計では、お馴染みのこのデザイン。
しかし、あなたが思っているよりもずっとこのフェイスデザインの流通量は少なく。実は良品の確保が難しい。

それだけに状態の良いものは1つ持ってみるとこのモデルの良さが分かるというもの。
80年以上経過した現代でも、色褪せるどころか、普遍的な美しさを醸すこのデザイン。圧倒的なクォリティのケース。
美しいカシードラルの3針は全てオリジナル。

昨今では、こうした丁寧に作られた懐中時計というものが無い。この時計中上級グレードの懐中時計だけれど、
これだけ精緻なクォリティのものはコストが割に合わず現代では製造できないと言われている。

”アンティーク風” などと銘打って販売されている安価な懐中時計と、このエルジンを並べて観察してみると良いだろう。
貴方の目が確かなら、瞬時にそれらのまがい物とは比較にならない精緻な美しさがあることに気付いて頂けると思う。

これは、懐中時計が栄華を誇った時代だったからこそできた作ることのできた逸品です。

大切なトニーへ贈る。

この懐中時計は、背面蓋の内側に秘密のメッセージが次のように刻まれています。

トニーへ ワナメーカーの友人より 40年間に及ぶ奉仕を記念して 3月17日 1891年 1931年

ワナメーカー(WANAMAKER)とは、アメリカ、ペンシルバニア州に一番初めに作られた高級老舗デパートのこと。

この懐中時計をプレゼントされたトニーさんは、そこの従業員だったのでしょう。
40年間も勤め上げたのですから、ほぼ一生涯の労働人生をこのワナメーカーに捧げたのではないでしょうか。

当時は腕時計も少しずつ普及し始めてきた時代ではありましたが、きっと定年を迎えて退職するトニー氏にはこの懐中時計がぴったり似合ったのでしょう。

40年勤めたのですから、年齢的には還暦くらいだったのでしょうか。
そのお歳でアールデコのこんなお洒落な懐中時計をプレゼントして頂けるなんて、何だかとっても粋ですね。

長い時代を見続けてきた懐中時計には、そうしたストーリーが秘められています。
そんな栄華を誇った当時に思いを馳せてみるのも良し、或いはご自身の記念として、自分へプレゼントするのも素敵ですね。

こちらはダメージも少なく、綺麗なアールデコ懐中時計です。文字盤に経年に伴う少々の傷みがございます。
このタイプの文字盤としては綺麗な部類でしょう。

ガラスはNOS品が装着されており、傷はありません。ケースはほぼ完璧な美しさ。ボウは硬さもあり、申し分ありません。
日差は10秒~15秒程度と良好。リザーブは平置きで32H程度でした。普段使いにも最適な逸品です。

【サイズ】
サイズ:12s
横幅:44.0mm
高さ:47.0mm(クラウン含む。ボウを含めると51.2mm)
厚み:11.8mm
重さ:57.9g
追加写真:こちらに、追加写真を多数掲載しております。