• HWDOPNS316S17Jc1904
  • HWDOPNS316S17Jc1904
  • HWDOPNS316S17Jc1904
  • HWDOPNS316S17Jc1904
  • HWDOPNS316S17Jc1904
  • HWDOPNS316S17Jc1904
  • HWDOPNS316S17Jc1904
  • HWDOPNS316S17Jc1904
販売価格(税別)
在庫状態
売切れ
売切れ

稀少!E.HOWARD キーストーン ハワード シリーズ3 懐中時計 16s 17J 1904-05年頃

ラグジュアリー感溢れる表情が魅力。ハワードのオープンフェイス。

Keystone Howard キーストンハワード シリーズ3 16s 17J 1904-05年頃。
ズバリ、この表情にグラっと来たら、迷わず買いです。

ハワードから大変魅力的なオープンフェイスが入荷されました。
このモデルは、店長がずーっと心待ちにしていたフェイスデザイン。雰囲気満点でしょう?(笑)

このクルっとカールした愛らしいインデックスは、キーストンハワードにのみ登場するもの。

シンプルなオープンフェイスにあって、ハンターケースにも負けない魅力をこの文字盤の
艶っぽさだけで表現してしまうのだから、恐れ入ります。

文字盤は陶製のサンクダイアル。5時、8時方向にごく薄いヘアラインが見られるのと、
3時の外側に小さなチップがございます。

本来、あまり文字盤にダメージがあるものは、当店ではあまり入荷はしないのですが、
このハワードは製造数が少ないこと。更にこのデザイン文字盤は更にその中でもごく一部。
実際には殆ど流通がありません。

デザインが素敵なので、今もずっと探し続けているモデルですが、文字盤の状態が良いもの
を探すのも容易ではないのです。

今回仕入れたものは、そうした中でも、可能な限り状態の良いものだろうと思います。
文字盤ダメージは殆どがベゼルで隠れる部分。この時計はステムセット方式であるため、
普段文字盤のダメージが気になることも殆どありません。

オールドを色濃く残す、シリーズ3ムーブメント。

シリーズ3。シリアルナンバーから、製造年はおよそ1904~1905年頃。
この1904~1905年頃と言えば、ハワードがキーストン社に買収されて、まだオールドの色合い
を残していた頃。

筆記体で刻印されたハワードのサインや、大きくせり出した中央のゴールドシャトン。
大型で柔らかなラインのスワンネックマイクロレギュレーターなど、この頃のキーストン
ハワードは、オールドハワードの影響が色濃く残されているのを感じます。

ムーブメントは17石仕様。同心円状にジュネーブ波形が施された美しいムーブメントで、
中央のゴールドトレインからも、高級ムーブメントであることがお分かりでしょう。

製造から110年あまりが経過したアンティーク。
多少のダメージこそあるものの、とても魅力的であり、普段使いにも最適です。

こちらの時計は、現状動作品ですが、動作状態も良好で日差は平置きで数秒程度とごく僅か。
リザーブは何と46時間もあり、こちらも申し分ありません。

レアモデルにつき、売り切れの際は、このタイプのデザインは次回の入荷メドは全く
立っていません。このフェイスデザインにピン!と来た方に是非お持ち頂きたいですね。

【サイズ】
サイズ:16s
横幅:50.0mm
高さ:61.5mm(クラウン含む。ボウを含めると67.0mm)
厚み:14.0mm
重さ:90.0g
追加写真:こちらに、追加写真を多数掲載しております。