アンティークの懐中時計はとても魅力的!

懐中時計にはがっしりとした重厚な作りのものから、繊細な彫りがありまるで美術品のようなものまでありさまざま。作られた時代が違えばデザインが違い素材も違います。そして、その時代ごとに技術的にできること・できないことという制限も加わり、懐中時計の外観も年代が違うと大きく変わります。古くは一つ一つの時計を職人が仕上げるため、生産できる数も限られていた時代がありました。その後、量産できる時代になったとはいえ、それでも手作業が少し進んだだけという時代のもので、生産性よりもデザインや作りを重視していました。

 

VariablePocketWatch

 

時代を追っていくと、時計のケース一つや装飾をとってみても大きな違いがあり、古くは彫りなどが多用されていた装飾が、型を取る形での装飾に変わり、ただ単に丸や長方形であったものが、カーブをしたものや特殊な形のものが現れてくるなど、技術の違いが懐中時計のデザインの違いに如実に現れています。

その時代ごとに違う時計の形やデザインを、ありのままに受け入れて楽しむ。そして骨董品やアンティーク雑貨を楽しむように、その懐中時計が培った風格を楽しむ。現代の時計とは全く違う、それでいて現代からみると、非常に斬新でかつ新鮮な作りを持つのがアンティーク時計なのです。

コチコチと語りかけるような時を刻む音。それが時計本来の「小さな声」なのです。
この音が機械式時計の証であり、時計の中で小さな部品たちが動き、1秒そしてまた1秒と時を刻んでいる音なのです。そもそも電池式・デジタル時計が出回り始める1960年代までは、1900年前後の懐中時計全盛期から時代が変わり、腕時計と形は変われども、時計を持っている誰もの腕やそしてポケットの中で、この小さなコチコチという音が響いていたのです。

このなんともいえない小さな音、時計の声であるともいえる懐かしさのある響き。
その毎日響く小さな音色は、子供の頃、母親が台所で響かせていた、包丁でまな板を叩く音のような懐かしさを感じさせます。これこそが機械式時計の証です。
職人が作り上げ、手をかけて伝えられた温かみのある芸術品。
現代では珍しくなった、そんな人間らしいところがアンティーク時計の魅力なのです。

アンティーク時計はしばしば機械式時計だと言われますが、その理由はこの音を響かせる全ての部品が「デジタルに頼らない」小さな部品だけで作られているからです。なかなか時計の中の機械まで見ることは難しいですが、小さな部品がそれこそ1秒ごとに素早く左右に動き、その動きがまるで人間の心臓の働きのようです。電池を使わずにぜんまいの動力だけで動いている部品を見ると、そこには人の温かみや芸術的なものを実感できるでしょう。

こんな機械の軽快さを感じられるところがアンティーク時計の良さですが、さらにアンティーク時計に限っていえば、使う人には見えないはずの機械にもこだわりがあるのです。
どうしてこんなところにまで装飾や彫りが入っているのだろう?と思ってしまう場所にまで、丁寧に彫り込みが入れられているのを見れば、当時の時計の作り手たちがどれほど丁寧にそして丹念に時計を作っていたのかがわかるのではないでしょうか。

現代のデジタル時計のように工業的に作られたものと違って、昔ながらの味わいや遊び心が隠されているのを見ると、胸がときめいてしまうかもしれません。
さらにそれぞれの部品を見ていくと、金色であったり銀色であったり、ここまできれいな部品が集まって時を刻んでいるのかと思うと、機械式時計の内部はまるで宝石箱のようです。そんなことをじっくりと堪能し、より一層愛着を感じることができるのもアンティーク時計の醍醐味といえそうです。

アンティーク時計が作られていた時代は現在と比べて、時間の流れも物流も全てがゆっくりとしていた古き良き時代。それに比べて現代はスピードや安さが重視され、特に「売れるもの」に絞り込んで、新しいモデルやデザインが毎年のように売り出されています。そんなことを思いながらアンティークの時計を眺めているだけでも、どうしてこのような物が作られていたのか、作ることができたのかを知ることができると思います。

AntiquePocketWatch

生産技術や施設という面では現代には遠く及びませんが、それでも限られた中で、職人の手によって時間と手間を掛けて作られていたからこそ、現代では真似できないようなものが作られていたのです。
現代では「壊れやすさ」というマイナス面で採用されない陶器でも、マイナス面ではなく、艶があり色付けできる特徴を良しとしていたのです。
それに比べてアンティーク時計は、その時計のためだけにデザインされ作られた部品すらあるほどなのです。作りやすさや壊れにくさよりも、そのブランドの持つイメージや、時計のそのものの持つイメージを大切にしていたのです。

アンティーク時計、特に懐中時計の魅力の一つに美しい装飾があります。
機械式時計の全盛期と呼ばれていた1940年代になると、ケースの形自体にも、現代からは考えられないような素晴らしい特徴のあるものが数多くありました。作り手と職人が主役だった時代、作り手の遊び心や時計に対する姿勢が、それら懐中時計のケースに反映されているのです。

非常に丁寧な彫り込みやデザインで、今では費用が高すぎて作れないとか、職人がいないので作ることすらもできない、現代では想像もできないような奇抜なデザインといった要素は、アンティーク時計ならではの大きな特徴だといえます。現代なら採算性を考えるとメーカーが作れないようなデザインも、作り手が時計を買い求める人たちの要望を聞いていたからこそ実現したものがたくさんあるのです。

アンティーク時計は、現代のほとんどの時計で使われているステンレスはあまり使われていません。その時代になかったということもありますが、ステンレスは確かに強度や耐久性という面では優れていますが、販売店や宝飾店での加工という面で難しかったというもの理由の1つです。

「早く安く作る」という現代の時計の作り方から考えると、アンティーク時計は作られた時から「特別だった」といえます。そんな特別な生まれ方をした時計たちが、50年、100年という長い年月を超え、大きな戦争のあった時代をもくぐり抜けて、それ以前からの持ち主と共に生き抜いてきたのです。 壊れてしまった時に捨てられてしまってもおかしくなかったでしょう。デジタル時計に変わったころに、取り換えられていてもおかしくなかったかもしれません。そんな中でも捨てられなかったのは、これらの時計たちが作られた時代には時計自体が大変高価なもので、長く使用できるものであり、その存在が特別なものであったからでしょう。

どのアンティーク時計でも、手にとってみるとまるで新品のようにきれいに磨かれた時計であっても、どこか現代の新しい時計とは違う感触を受けます。それは目に見える違いではなく、時代や長い年月によって作られた雰囲気や品格であるのかもしれません。こんな違いを楽しめるのも、アンティーク時計ならではだといえるでしょう。