懐中時計用のチェーンでシルバー925って何?

懐中時計の世界でもネックレスなどのアクセサリーの世界でもよく「シルバー925」製などという言葉を目にします。この「シルバー925」というのはどんな意味なのかご存知でしたか?ここでは、この「シルバー925」に関して解説します。

懐中時計 チェーン シルバー 925

シルバー925製とはどういう意味ですか??

シルバー925とは、一般的には「シルバー」と呼ばれるアクセサリーで使われている素材のことです。925という数字は銀の含有率、つまり純度のことで、92.5%の銀が含まれていることを表しています。残りの7.5%は銅などの金属が含まれますので、正確には銀の合金となります。この残りの7.5%に銅のみが使用された場合、この銀を「スターリングシルバー(Sterling Silver)」と呼んでいます。

ではなぜ純度92.5%のシルバー925なのでしょう??

純度92.5%のシルバー925は、必要最低限の硬さと加工性をもち、シルバーとしての輝きが保たれているものといわれています。100%の純銀はとてもやわらかくキズやへこみがつきやすく、懐中時計のチェーンやアクセサリーとして普段使用するものとしては、作る側にとっても、使う側にとっても、ちょっとそのままでは少し扱いにくい金属といわれています。

このため、加工面や実用面をよくするために、100%の純銀に他の金属を混ぜ合わせて合金にすることにより、硬度や耐久性を高めるのです。こうして、チェーンやアクセサリーは頻繁に使用できる実用性のあるものとして生まれ変わるのです。

懐中時計 チェーン シルバー 925

シルバー925はどんな注意が必要?

シルバー925は、銀以外に7.5%は銅などの金属を混ぜるため、この素材が原因で肌に触れることによりアレルギーが起こる場合があります。
また、空気にふれてると色が黒ずんで少し汚れた感じになってきます。92.5%の銀は磨けばきれいになるのですが、基本的には黒ずみます。黒ずみを防ぐために、ロジウムメッキなどで表面処理を施したものもあり、鏡面加工のような光沢で長期間その光沢を保持したりします。

懐中時計 チェーン シルバー 925

まとめ

いかがでしたか!?シルバー925は、シルバー製品として確かな品質であるというステータスを持ち、鋳造や加工のしやすさと宝飾品としての実用性の高さから、懐中時計のチェーンとしても多く採用されているのです。是非シルバー925を使用してみてください。

Cocoon Watchオリジナル 銀無垢 チェーン Oリング
Cocoon Watchオリジナル 銀無垢 チェーン Tバー
Cocoon Watchオリジナル 銀無垢 チェーン Oリング ドロップ付
Cocoon Watchオリジナル 銀無垢 チェーン Tバー ドロップ付