【さまざまな懐中時計】商館時計

商館時計 懐中時計

明治時代のころ、日本の貿易は外国人商社に独占されていました。
これらの商社のことを当時は商館と呼んでいました。
商館の輸入する懐中時計の90%はスイス製で、5%がアメリカ製、残りがイギリス製やフランス製などでした。

1897年ごろ、アメリカでは工場生産が確立しており、時計にはウォルサム(WALTHAM)、エルジン(ELGIN)などのメーカー名が彫りこまれていました。
しかし、スイスでは、家内工業を土台にした小経営が中心でしたので、商館の注文に応じて日本向けのマークを入れ、商館の名前を日本語で入れて販売しました。このようなスイス製の時計を「商館時計」といいます。つまり、商館時計は明治期に輸入されたスイス製の時計のことをいいます。当時、90%を占めた商館時計こそが、明治期を代表する典型的な懐中時計なのです。

商館時計は、大体が0.800の銀側で、鍵巻きもありますがその多くはダボ押しでローマ数字のダイアル、スモール・セコンドつきといった特徴があります。15石程度で中蓋がガラスになっていて機械の動きが確認できます。直径5.2cmから5.8cmくらいで、脱進機はシリンダー式かアンクル式です。商館の数は入れ替わりがありますが、20社から30社で、マークの種類はその2倍を越えているといわれています。

値段もそう高くはなく、コレクションの対象として多くの人が手がけるおもしろさがあります。ただ、中蓋のガラスと湧くがなくなっているものが少なくありません。

商館時計 懐中時計

商館時計 懐中時計

コロン商会の鶴印と“コロン商会”と文字が彫られてあります。
飛んでいる鶴の彫りがありますが、JALの彫りとはかなりスタイルが違っています。
この時計は、コロン商会の商品としては高級品の部類です。
ダボ押し、ブレゲ針。
直径5.8cm。

商館時計 懐中時計

商館時計 懐中時計

商館時計 懐中時計

レッツ商会の朝日印とカタカナで“レッツ商会”と文字が彫られてあります。
コロン商会もレッツ商会もマークは多種類あり、高級品から中級品までのランクがあります。
直径5.7cm。

商館時計 懐中時計

商館時計 懐中時計

商館時計 懐中時計

シュミット社の軍人馬印。
このマークはワーゲン社も使用していました。
ワーゲンは早い時期に時計製作から撤退しました。
そのときにマークや系列メーカーをシュミット社に引き継いだのではないかといわれています。
直径5.2cm。

商館時計 懐中時計

商館時計 懐中時計

プルーレ兄弟商会のホーオー印。
文字盤にHO-Oとローマ字でプリントされています。
裏蓋には飛んでる鳳凰のマークがあります。
三段エトウ、スモール・セコンド、15石入り、0.800の銀の片蓋、中蓋はガラスです。
直径5.2cm。

商館時計 懐中時計

商館時計 懐中時計

商館時計 懐中時計

ユニバーサル&ファルブルブラントのダブル・ネーム。
ファルブルブラントは有名な商社です。
盾を抱いた獅子のマーク。
この懐中時計は文字盤にユニバーサルのメーカー名も入っている少ない例のものです。
鍵巻き、チラネジ、イングリッシュ・レバー脱進機。
直径5.4cm。